​堀 江 利 昌

ほりえ・りしょう

​1987年生まれ。僧侶、法律家。

早稲田大学法学部卒業、同大学院法務研究科(ロースクール)修了。仏教の世界を身近なものとして育つ。ロースクール修了後、司法試験に合格、弁護士となり法律事務所に入る。一方で他人と違う行動や発想を追い求め、学生時代に浄土宗の修行をして、僧侶となる。弁護士としては約3年半にわたり、主に民事・家事事件を扱う。2017年、法律事務所を退職。同時に弁護士資格を返上。2018年、大本山増上寺に入職。2024年に浄土宗が開宗850年を迎えることの記念事業として、重要文化財改修の企画立案やファンドレイズなどを担当している。次の世代を担う人材を育てるための業界横断型の研究グループ、SPRK(スパーク)の一員としても活動中。

Horie Risho is a Buddhist monk, who has legal experience as an attorney at law.

LIFE SHIFT JAPAN インタビュー 

  争いのない美しい世界に身を置きたい。弁護士から僧侶になる理由はそれで十分だった HERE

​©2020 Horie Risho, All rights reserved.